1. >>
  2. >>
  3. 老後のための貯金の仕方
資金

老後のための貯金の仕方

老後には一体いくら必要か

これから老後を迎えていく中で、必要な資金がどのくらいになるか知っておく必要があります。
大半の人が理解しているのが、老後に最低でも3000万円は必要という話です。

生活を行う際に貯金していく上で、これが基準の金額と考えがちですが、実際のところ結構ギリギリといえるでしょう。
60歳もしくは65歳で仕事の定年を迎えていき、平均的な寿命である90歳まで過ごしていくと、実に25年も生活をすることになります。
例えば月々10万円ほど取り崩していくと、歳を重ねるごとに厳しさを増していくことでしょう。

そして夫婦であれば、生活に必要な資金は一気に上がっていきます。
確実に下がっていく収入と相反して、病院の費用などで一気に出費が増えていくことでしょう。

3000万円では足りなくなってしまうということもあります。
下手をすると1億円は最低限必要な状況になってしまうかもしれません。

本当に必要なのが、老後を迎える前に貯金をしながら将来の予測を立てていくことです。
平均支出を確認しながら判断をしていくのもいいですが、実際は夫婦で月々25万円ほど、単身でも15万円前後となります。

年金もしっかりと受給できるかわからない状況になっていますので、大半の人が貯金を切り崩していかなければなりません。
また定年退職をする際に、退職金が支払われない状況になるケースもあります。
晩婚化も進んでおり、高齢になったところで結婚費用などを負担することもありますので、出費は一気に膨れ上がることもあるでしょう。

どのようにして貯金を行っていくか

どのように老後に必要な貯金を作っていかなければならないのでしょうか。
多くの人は生涯お金が必要になります。

しかし定年退職において、退職金をもらえる企業が減っている中で、退職金にすがる状況ではありません。
少なくても数千万円は退職金でもらえるであろうと憶測を立てていると、いつか痛い目を見てしまいます。
思い込んでいたら、その考えは捨てていかなければなりません。

そこから資産運用の計画を立てていくようにしましょう。
最低限の資金は5000万円ほどといわれています。
まず定期的に貯金ができるように、5000万円を作るプランを若いうちから決めていくようにしましょう。

しかし資産運用の計画で退職金は考えてはいけません。
あくまでもボーナス感覚で退職金を考えておき、受給された時には非常時に備えていくようにすることが重要です。

生命保険なども絡んできますので、支払いのバランスや特約などが自分に合うものかチェックをしていきましょう。
そこから負担額などを考慮していき、無理のない資産運用を考えていかなければなりません。